KOFE

KOFEのこだわり

KOFEの商品はすべて厳選されたスペシャルティコーヒーを使用しています。そしてコーヒー豆の持つ美味しさを引き出すための製法、名水百選にも選ばれた布引渓流の水、ネーミングやパッケージに至るまで、KOFEはコーヒーにこだわっているのはもちろんのこと、「神戸らしさ」にもこだわって作られています。

WATER

神戸の山の恵み

名水百選にも選ばれた、布引渓流の水は「赤道を越えても腐らないおいしい水」として、古くから多くの船乗りの間で評判になってきました。六甲山系の豊かな自然に育まれた布引渓流の水は、不純物が少なく清澄で、硬度が低く、まろやかな味わいが特徴です。KOFEは地元、神戸から採水される「神戸 布引渓流」の水を製造の最終工程で加えることで、透明感のある味わいに仕上げています。

PROCESSING

神戸を感じる味を求めて

スペシャルティコーヒーが持つ本来の甘さと滑らかな口当たりを最大限に引き出すため、自家焙煎した深煎りコーヒー豆をネルドリップで余すところなく抽出し、かつて、神戸の喫茶店で慣れ親しまれた神戸のコーヒーを再現しました。香料、保存料不使用の無添加で製造しています。

COFFEE BEANS

美味しいのはもちろんです

KOFEの原料であるコーヒー豆は、自社のコーヒー鑑定士が厳選したスペシャルティコーヒー豆を100%使用しています。KOFEは、生産地や生産者が明確な原料を使用することで、消費者から生産者へ直接還元できる仕組みを作っています。
[スペシャルティコーヒーとは]
消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

DESIGN

神戸らしさを詰め込みました

KOFEというネーミングはKOBEとCOFFEEを合わせた造語です。ボトルラベルには山、ポートタワー、港、イカリと言った神戸の特徴を表すマークを作成し配しています。神戸は海や山が近く、コンパクトで住みやすく、港町の歴史が培った文化もあります。そのイメージを損なわないようパッケージやラベルデザインをつくりました。また、神戸市はユネスコ創造都市ネットワークデザイン都市にも認定されています。